投稿

運転資金 調達ガイド

【PR】






















































【PR】
















ファクタリングの特徴

ファクタリングは、企業が売掛金を現金化するための手法であり、その特徴は以下の通りです。

自己資金の確保

ファクタリングは、企業が売掛金を現金化することで、自己資金を確保する手段として利用されます。売掛金は将来的な支払いが見込まれるものであり、それを現金化することで企業は資金調達の手段として活用できます。

リスク軽減

ファクタリングは、売掛金をファクター(ファクタリング会社)に売却することで、債権回収に伴うリスクを軽減することができます。ファクタリング会社が債権の回収業務を担当するため、企業は売掛金の回収リスクから解放されます。

即時性

ファクタリングは、売掛金を即時に現金化することができるため、企業の資金繰りをスムーズにする効果があります。売掛金が未収のままでは資金を活用することができませんが、ファクタリングを利用することで即座に現金を手に入れることができます。

信用リスクの転嫁

ファクタリングは、債権の売却に伴い、ファクターに対する信用リスクを転嫁することができます。売掛金の回収リスクや不渡りリスクなどの信用リスクは、ファクターが負担するため、企業はその影響を受けません。

財務の改善

ファクタリングは、売掛金を現金化することで企業の財務状況を改善する効果があります。現金が入手可能となることで、資金繰りの安定化や経営計画の実行が容易になり、財務面でのリスクを軽減することができます。

売掛金の管理

ファクタリングは、売掛金の管理をファクターに委託することで、企業の業務負荷を軽減する効果があります。売掛金の請求書発行や回収業務はファクターが行うため、企業はそれに関わる業務を自社で行う必要がありません。

柔軟性

ファクタリングは、売掛金を都度売却する「一回限りのファクタリング」と、定期的に売掛金を売却する「継続的なファクタリング」の両方の形態があります。企業は自らの資金ニーズや事業状況に合わせて、柔軟にファクタリングを活用することができます。

機密性の維持

ファクタリングは、売掛金の回収業務を外部に委託するため、企業が取引先との関係や売掛金の金額などを外部に漏洩するリスクが軽減されます。ファクタリング契約において機密保持の規定が含まれることが一般的です。

法的保護

ファクタリングは、一般的に法的な保護が与えられます。ファクタリング契約において、売掛金の売却に関する条件やファクターと企業の権利・義務などが明確に定められるため、取引の透明性が高まります。